身近な市政、情報の発信・共有

議場

政治は、テレビの向こう側の話ではありません。
日常の生活そのものです。

特に、一番身近な政治である「市政」は私たちの生活に大きな影響を与えます。
それなのに、伊那市の政治が、日常の中で語られることはなかなかありません。

いま伊那市では何が行われているのか。 何が問題で、何が話し合われているのか。 市長や、それぞれの議員は何を考えているのか。

市や議会の動きや考えが透明化すれば、市政はもっと身近なものとなります。 知らないことが多ければ多いほど市政は遠く感じるものです。

情報の公開・共有こそが、よりよい伊那市づくりのために欠かせない絶対条件であると考えます。
「知らないうちに決まっていた」ということがないよう、検討段階から積極的に情報を公開し、市民の考えを取り入れることができるような仕組み作り・広報のあり方を考え、市に対して、さまざまな提案・要望を行っています。

Share on Facebook
LINEで送る